みんなのウッドデッキマルわかりリポート

知らないと損をする!ウッドデッキに関する情報ページとなります。

*

ウッドデッキが色あせたら

ウッドデッキは大きいだけに、色あせてしまうとかなり汚れて見えてしまいます。定期的に塗装してあげましょう。もちろん、単純にペンキで塗るわけではありません。使用するのは、屋外用木部保護塗料です。屋外用木部保護塗料は、保護と言うだけあって、防腐や防カビ効果があります。普通のペンキとは全然違うわけです。また、ウッドデッキの大きさにもよりますが、作業は最低でも2日は見ておきましょう。そして、晴れの日に行わなければいけません。なので、梅雨の時期は避けた方がいいです。もちろん、塗料以外にも道具が必要になります。何が必要か事前に考えてから、道具を買いに行くようにしましょう。何も考えずに買いに行く人も多いですが、これだと必要な物を買い忘れてしまう可能性があります。必要な道具をメモして持って行くといいでしょう。

ウッドデッキは色あせます

ウッドデッキを設けることも珍しくなくなりました。見た目におしゃれですし、実用性も高いので重宝します。しかし、室内にあるわけではないので、こまめに掃除しないとすぐに汚れてしまうわけです。また、色あせてもくるでしょう。色あせると、掃除をしてきれいにしていても、汚れて見えます。なので、色あせてきたなと感じたら、専用の塗料で塗装しましょう。専用の塗料と言っても、ホームセンターで買うことができます。その他の道具も全てホームセンターで揃えることができるので、苦労することはありません。しかし、道具を全て揃えたら、すぐに塗装していいと言うわけではないです。まずは、掃除をしなくてはいけません。掃き掃除はもちろんですが、鳥のフンなどがこびりついている場合は、掃いても取れません、スクレーパーなどを使って取りましょう。

ウッドデッキの色あせを放置してはいけない

ウッドデッキは何年か経過すると、必ず色あせてしまいます。屋外にあるのだから色あせは仕方ないと言って放置する人もいますが、それではいけません。色あせを放置すると、虫がわいたりします、腐ることもあるでしょう。なので、色あせたらなるべく早く保護塗料で塗り直すことです。ただし、塗る前にしっかりウッドデッキを掃除しなくてはいけません。もちろん、掃き掃除だけではだめです。鳥のフンなど、掃いただけでは取れない汚れもあります。スクレーパーがあると重宝するでしょう。また、板と板の間のゴミもきちんと取り除くことです。さらに、カビやコケがある場合は、それも落とさなくてはいけません。それを怠ると、塗料がきちんとのらないからです。カビやコケは、木の切れ端にサンドペーパーを巻き、適度な力でサンディングしていきましょう。

天然木デッキの手入れに挫折した方にオススメします。 縁台や洗濯物を干す場所として、ガーデニング空間としてなどウッドデッキには様々な活用法があり、お客様のご要望にそった提案をいたします。 当店の対象エリアは、沖縄県を除く地域となっていますが、北海道・島根県・鳥取県の一部では施工できない地域があります。 ウッドデッキならLIXIL

公開日: