Press "Enter" to skip to content

部屋に広がりが生まれるテラス型ウッドデッキ

部屋を広く見せたい時や外の空気を常に感じたい時は、ウッドデッキを設置するのがおすすめです。特にリビングから続いた場所に設置すると、屋外リビングとしても使えます。部屋から直接出られるようにするには、段差のないテラス型デッキを造るのがベストです。段差をなくすことで、部屋とデッキに一体感が生まれます。デッキはリビングの延長線上にあるので、部屋そのものにも広がりを感じられます。リビングに十分な広さが取れない場合も、テラス型デッキの設置はおすすめです。デッキの向こうがすぐ隣家の場合は、目隠しにもなるラティスを付けると良いでしょう。デッキに取り付けても違和感がなく、手すりやガーデニングのツールにもなるからです。部屋に広がりが欲しい、外の景色を身近に感じたい場合は、ぜひテラス型のウッドデッキの設置を検討してみましょう。

ベランダでも設置できるウッドデッキ

屋外のウッドデッキは、庭のある広い家に設置する物だと認識している人もいるでしょう。しかし実際は、集合住宅のベランダでも楽しめます。もちろん庭付きの家のように、広々としたデッキを造ることはできません。広さはなくても、ベランダがあれば十分屋外デッキは設置できます。ベランダに設置する場合、デッキパネルを使って自分で設置するのが簡単な方法です。最近は、誰でも簡単に使えるデッキパネルが販売されています。ウッドデッキにしたい広さの分、パネルを置けば終了です。ジョイント式のパネルなら、1つずつ繋げていけばOKです。賃貸マンションなどでいずれ退去する場合は、パネルを外せば原状復帰できます。パネルを購入する時は、木材選びが重要です。なるべく耐久性の高い木材を選びましょう。耐久性が高い木材は価格が割高ですが、その分長持ちします。

ウッドデッキの目隠し

庭にウッドデッキを設置する時、目隠しが悩みどころではないでしょうか。本来はデッキのみを設置して開放感あふれる空間にしたい所です。しかし実際には、目の前が道路や隣家だったりと、視線にさらされることが多いです。そんな時は、デッキと同時に目隠しも設置しましょう。ただ、ウッドデッキを外の視線から完全にシャットアウトするには、目隠しにかなりの高さが必要です。全てを高いフェンスで囲ってしまうと、圧迫感が生まれて風や光も通さなくなってしまう心配があります。しかし、素材や設置場所の選び方によっては、開放感を維持したまま視線を遮断できます。例えば隙間のある木製の目隠しにすれば、光や風の通りは保てます。道路やお隣と接する場所には部分的にフェンスを置けば、開放感はそのままです。デッキを最初から高くすることも、視線を避ける工夫です。せっかく造ったウッドデッキは、目隠しを工夫して気持ちの良い場所にしましょう。