Press "Enter" to skip to content

ウッドデッキで家の雰囲気を盛り上げる

一軒家を購入すれば、やはり自分の家となれば少しでも盛り上げた雰囲気にしていきたいでしょう。家だけではなんとなく殺風景ですから、庭に植物を植える事をしてくことでも、明るくなります。さらに、そこにウッドデッキがあればテラスとしても利用でき、天気の良い時には外でお花を見ながらお茶会というのも良いでしょう。ウッドデッキが付いただけで、家の雰囲気も大きく違ってきます。素敵な家にするのであれば、そうした一加えをしても良いでしょう。ウッドデッキで、素敵な家の演出をしてみるのも良いですし、さらに楽しむことをして行く事で、ライフスタイルも決まってきます。家をおしゃれにして、家族で楽しく過ごすことをしてください。家を彩るのは、その家族です。庭に一加えをして、素敵なマイホームづくりをしていきませんか。自分の家だからこそ、楽しく大切にです。

ウッドデッキの基本情報

ウッドデッキとは、リビングの外などに設けられた甲板のことです。室内の床と高さを合わせることで居住空間が広がることや、真夏の紫外線・暑さなどを軽減できるといったメリットがあります。また、草花の鉢植えを置いたり、バーベキューをするなどの趣味にも活用することができます。ウッドデッキの材料には、自然な質感が魅力的な天然木や、手入れが楽な人工木材があります。天然木については、雨風にさらされても腐りにくい木材が適しており、種類としては、軽量で耐久性に優れたウエスタン・レッドシダーや、耐腐朽性に優れたイペ、そして耐水性に優れたウリンなどがあります。一方の人工木材は、樹脂と木粉を混ぜ合わせて成型されたものが一般的で、耐久性や耐水性に優れているほか、比較的施工がしやすいというメリットがあります。またウッドデッキの施工については、業者へ依頼するという方法以外にも、DIY用の材料やキットを使い自分で施工するという方法もあります。

憧れのウッドデッキを作る

昭和の時代なら縁側と呼ばれていたところが、今ではお洒落にウッドデッキと呼ばれるスペースになっています。リビングから段差無く続くスペースで、第二のリビングと呼ばれる事もあります。庭に向かって床を伸ばしている空間に、憧れを抱いている人も少なくないはずです。流行のDIYにチャレンジし夢を現実にした人もいるでしょう。ホームセンターで木材も簡単に手に入れられるし、相談すれば作り方のコツや材料のアドバイスも聞けるかも知れません。ただ、作るだけでなくメンテナンスもしっかりしないと、木材は傷みやすいので折角作っても台無しになってしまいます。水はけを考えた作りと防水処理をきちんと行い、長く使い続けてこそのDIYです。自分で作ったウッドデッキに寝転び空を見ながら鼻歌を歌いウトウトする、最高の時間を手に入れる事が出来ます。